視力低下の疑問解明

レーシックは、視力に問題を抱える人たちから人気を集めています。

スポーツ選手から芸能人まで受ける人が増えており、
私たちの周囲にもLASIK経験者は非常に多いのです。
こちらにもレーシックを受けた芸能人が載っています。

手術をしてしまえばメガネやコンタクトレンズが必要ない事から
長い目で見て矯正費用としても安上がり、という考え方もあります。

手術は時間もかからずとても簡単に終わりますが、
後々のトラブルを避けるために正しい知識が必要です。

受ける前に、
自分の視力低下の原因や仕組みをしっかりと理解しておきましょう。

なぜ近視に?

現代日本には近視で悩む方が非常に多くいます。

そもそも、なぜ目で見たものがぼやけるかご存知でしょうか?

角膜から入ってきた光を、水晶体の伸縮によってピントを合わせ、
網膜の黄斑という部分で焦点が合うようにします。

黄斑でピッタリ焦点が合えばよいのですが、
眼球が大きくなったり、水晶体が正常に機能しなかったりすると、
黄斑の前で焦点を結ぶようになり、いわゆる『近眼』と呼ばれる状態になります。

ちなみに、前者は『軸性近視』後者は『屈折性近視』と言います。

さらに、日ごろ目を疲れさせてしまうことで近眼になることもあります。

なぜ遠視に?

『遠視』は、黄斑よりも奥で焦点を結んでしまうため、
近くがぼやけるという状態です。

幼少期によくみられ、大人になると正常になることが多いのは、
眼球の大きさによるものです。

【軸性遠視】と【屈折性遠視】があります。

なぜ乱視に?

乱視は、圧迫による角膜の歪みによって引き起こされます。

良くみられるのは、【近視正乱視】【遠視正乱視】です。

目を細めて物を見ようとしたり、
ピントを合わせるために常に圧迫している、
といった理由で角膜が歪み、光が複雑な屈折をおこして乱視となります。

なぜ老視に?

『老眼』は、毛様体筋や水晶体の伸縮機能が弱まることで
ピントを合わせる機能が低下して起こります。

筋力や弾力自体がなくなることによって起こりますので、
年齢を重ねるごとに老眼になる人が多くなります。

ちなみに、目の使い方によっては高齢にならなくても老視になることもあります。

目を大切に使う事を心掛けましょう。

白内障・緑内障

『白内障』
白内障は、水晶体が白濁する眼病です。

多いのは年齢によるもので、高齢になると掛かりやすくなります。

また、ケガや他の病気でなることもあります。

白内障の場合は、完治後にレーシックの手術を受けることが出来ます。

白内障の治療には、水晶体の除去と新しいレンズの挿入が行われます。

Lasik経験者でも白内障手術は受けられます。

『緑内障』
緑内障は、眼圧が高くなってしまう眼病です。

眼圧が高まり、視神経を圧迫し、進行すると失明します。

緑内障の場合はレーシックは受けられません。

気になるレーシックの価格についても参考にご覧ください。

Copyright© 2013 LASIK WEB All Rights Reserved.