レーシック手術の費用・保険

私たちの生活に「視力」は必要不可欠といっても過言ではありません。
しかし、仕事や勉強、インターネットサーフィン・ゲームなどの娯楽で目を酷使してしまう傾向が
近年の日本では強くなってきています。

そんななかで、視力矯正の新しい技法が注目を受けています。
それが「レーシック手術」です。
裸眼での視力が向上するという圧倒的なメリットが最大の魅力として挙げられます。

しかし、同時に不安や疑問を抱く人も少なくありません。
費用などのコスト面に関して、いまいち把握できていないという人もいるでしょう。

ここでは、そんな疑問に対する解決策となるような知識を解説しています。

クリニック選びに迷われている方は、レーシックのクリニック選びをご覧ください。

相場は?

一昔前までは、数十万円から数百万円ものコストが当たり前の手術でした。
しかし、今では最新の技術をさらに低コストで受けることができます。

技術や精度についても水準は向上しており、一昔前とは比べ物にならないほどです。
安全性についても同様の理由から高くなっていると言っても良いでしょう。

具体的な費用としてはピンからキリまであるのが現状です。
しかし、数万円からでも治療を受けられるようになっているものもあり、
その点は昔に比べると圧倒的にリーズナブルです。

価格の幅は使用する機器や技法によって異なるという点は頭に入れておくと良いかもしれません。

保険はきく?

レーシックの費用について考えているときに、保険の適用について考えた人は少なくないでしょう。
もし適用できるのであれば、非常に心強いですが、実際のところどうなのでしょうか?

しかし残念ながら、国民健康保険や社会保険に関しては適用されないとされています。
一部の医療保険や生命保険については適用されることがあるので、注意が必要です。
加入している場合は、直接問い合わせてみましょう。

ちなみに、医療費控除という形で費用を安くすることも不可能ではありません。
これは確定申告の時に申し出ることで控除制度です。
LASIKも適用されるので、忘れない様にしておきましょう。

またレーシックの割引制度を導入している病院もあるそうです。

どうやって払う

また、数万円といえども一回で払うのが難しいという人もいるかもしれません。
そんな場合は分割での支払いを考える人もいるでしょう。

これは、レーシック手術では可能なのでチェックしておきたいポイントです。
なにかと費用が掛かってしまうという場合は下記の支払項目一覧を参照してください。
治療が終わるまでにトータルで下記の項目がコストとしてかかります。

【手術費用】【診療費】【検査費】【薬代】

これだけの項目があるとなると、ローンも可能というのは、嬉しいポイントでしょう。
あらかじめクリニックなどに確認して割賦が可能かどうか問い合わせましょう。

Copyright© 2013 LASIK WEB All Rights Reserved.