レーシック手術の全容

レーシックは非常に有用性の高い視力補正方法のひとつとして人気を博しています。
スポーツ選手や各界の著名人も治療を受けており、高い評価を受けています。

費用に関しても、比較的リーズナブルになってきているうえに保険が適用できる場合もあります。
それゆえに、現在では処置を受けた人が急増しているようです。

ここでは、そんな治療の全体の流れを解説しています。
フローを把握することで、クリニック選びなどにも役立つでしょう。
また、不安や疑問を解消できるかもしれません。

レーシックの体験談をご覧になりたい方は、こちらのサイトも参考にしてください。

適応検査とは

そもそもレーシック手術はだれでも受けられるものではありません。
実は治療を受けられる人には条件があります。

その条件に適っているかどうかを判断するのが適応検査です。
通常のフローであれば、無料のカウンセリングを受けた後に行われます。
もちろんこれを受けたかたといって、手術をしなければいけないという訳ではありません。

基本的には殆どの人が合格し、治療を許可されます。
治療を受けられない人は下記のような場合が挙げられます。

・角膜が薄い
処置として、フラップという薄い膜を角膜上に形成する必要があります。
それゆえに、それが作成できないほど角膜が薄いとトラブルの原因になるのです。

・子供である/妊娠中である
一般的には18歳未満の子どもは手術を受けられません。
これは身体の成長と共に眼球も大きくなることと関係しています。
眼科といえども麻酔を使う事には変わりありません。
その為、身体が繊細な状態にある妊婦の方は処置が受けられません。

・病気である
緑内障や白内障を患っている場合など、眼球に疾患がある場合は不可能です。

手術を受けられない方は、レーシック以外の視力回復術を参考にしてください。

手術内容

基本的にはフラップという薄い膜を作成するというフローが共通しています。
その作り方によってウェーブフロントやアイレーシックなどの種類があるのです。

メカニズムの面から言えば、この作業によって眼球の採光や光の屈折率が変えられます。
いわば、人工のレンズを眼球に直接作成するといったところです。

ちなみに手術には痛みが全く伴いません。
これは麻酔を使っているからですが、安全性を確保するために先述した適応検査を行っています。
つまり、よほどのことがない限り安全だということです。

よほどのこと、というには具他的には合併症の併発などが挙げられます。
これはクリニック内の衛生面が確保されていない場合などに見受けられるのですが、
それ故にクリニックの選び方は慎重になるべきという教訓も得られます。

また、手術後にはアフターケアがあります。
視力を維持していくうえで必要不可欠ですから、必ず行くようにしましょう。 また、レーシック手術後のデメリットもいくつか存在すると言われています。 詳しくは、http://www.tech-index.jp/6.htmlをご覧になると良いでしょう。

こちらにも詳しくレーシック手術方法について詳しく掲載されています。

Copyright© 2013 LASIK WEB All Rights Reserved.